日本の食生活について

体重計に乗る

日本は昔から魚や野菜を多く使った料理が多い国でした。
魚や野菜はカロリーも低く、身体に良い栄養素をたくさん含んでいるため、普通に生活しているだけでも健康的な身体を保つことが出来ます。
そのため、洋食を主に食べている国の人たちはメタボが社会問題化した時にも、日本は健康的な生活を送ることができていました。
しかし、近年になって洋食が日本でも多く食されるようになってきました。洋食は肉を使った料理が多くあり、カロリーも日本食に比べると高いものが多いです。
現在は日本でも社会問題化しており、改善の為に多くのダイエット方法がテレビなどでも紹介されています。
メタボになると病気のリスクが高まって寿命も短くなってしまうため、改善する為にダイエットを心がけるようにする必要があります。

■メタボとはどんな状態なのか
メタボとは、メタボリックシンドロームの略で、日本名にすると内臓脂肪症候群です。
日本名の通りの意味で、内臓に多くの脂肪が溜まってしまうことによって、生活習慣病などになってしまう可能性が高くなってしまう状態のことを指します。
現在ではメタボリックシンドロームの状態の人が男性では二人に一人、女性では五人に一人がメタボリックシンドロームの疑いがある状態になっています。
メタボリックシンドロームは直接病気に繋がることはありませんが、将来的に考えるとメタボリックシンドロームは様々な病気を引き起こす要因となります。
メタボリックシンドロームは大きなリスクを身体に抱えている状態なのです。
そのため、厚生労働省ではダイエットなどを奨励し、メタボリックシンドロームの改善を訴えかけているのです。

■基準について
メタボリックシンドロームは、正式に厚生労働省から基準が発表されています。
判断基準は男性の場合にウエストが85センチメートル以上、女性の場合はウエストが90センチメートル以上になると、メタボリックシンドロームの可能性があるとされています。
また、ウエストが基準よりも細くても、BMIが25以上の人も可能性があるとされています。
ウエストの太さやBMI以外にも、血糖値や中性脂肪の数値なども加味されて、実際にメタボリックシンドロームかどうかを診断していきます。
メタボリックシンドロームになると様々な病気にかかる可能性が高くなってしまうため、心配な人は病院に行って診断を受けてみましょう。
ダイエットなどによって改善できれば病気のリスクは低くなるため、早めに公道することが重要になってきます。

オススメリンク

SOS

サプリメントを利用

ダイエットを効率よく行なうには、食生活を整えることが重要です。しかし、食生活を整えるように意識をして…Read more
痩せた!

ダイエットに向く食材

メタボリックシンドロームを改善するためには、運動とともに食事内容にも気を配っていく必要があります。食…Read more
ダイエット計画

運動をして痩せる

メタボリックシンドロームを改善するためには、正しいダイエット方法を行なっていくことが大切です。運動を…Read more
リンゴに巻きついたメジャー

メタボになったら

メタボリックシンドロームになってしまっている場合は、ダイエットなどを行なって早急に改善する必要があり…Read more
体重がやばい

メタボのリスク

メタボリックシンドロームの疑いのある人は日本でも非常に多くなっており、全国で2,000万人以上が改善…Read more

関連リンク